パフカルの効果を測定しました。

「パフカル」と「土壌」の水分保有量比較測定

◆計測方法:

室内の乾燥機で受け皿に水を溜め、パフカルと土壌に「水量保有率センサー」を設置して計測を行う。

◆乾燥機:温度:43℃

◆計測時間:約3日間(4,170分:69.5時間)

※左:土壌 右:パフカル

・水分保有率:「表記数値/10%」 例)600→60%
・経過時間 :「表記数値×10分」 例)417→4,170分

計測結果

上記のグラフから土壌よりパフカルの方が、水分保有率に変化が少ない事が確認できました。

・1日経過(145:1,450分):パフカル 58%/土壌 60%
・2日経過(289:2,890分):パフカル 58%/土壌 40%
・3日経過(417:4,170分):パフカル 50%/土壌 22%

詳しくはこちら